結婚したら、結婚指輪をつけるっていうのが今では当たり前になっているので、結婚したら結婚指輪を用意するものなんだとか、左手の薬指につけるものなんだと、特に深いことも考えずに無意識に思っている人って少なくないと思います。

もうそれが当たり前のことなので、どうしてつけるのか?何で必要か?なんて細かいことは気にしないということなのかもしれませんね。

しかし、ちょっと考えてみると、結婚指輪をするってだれが決めたのでしょうか?なんで結婚の証が指輪なのでしょうか?って気になる人もいるのではないでしょうか。

指輪のことを辿ってみると、ギリシア神話ではプロメテウスがゼウスの怒りをかい、罰として鉄の指輪をはめさせられたという話があります。

指輪自体はかなり古くから存在していたということですね。

では、結婚の証として指輪を贈ったとされたのを調べてみると、古代ローマ時代であり、愛の証というよりも当時の結婚にみられる売買婚という妻となる女性を買った証として花嫁の親に指輪を渡していたといわれています。

次第に売買婚の証から、結婚は愛しあう二人がする行為とされ、永遠の絆や愛の誓いを象徴する指輪とその意味が変わっていった様です。

愛の証としての結婚指輪を贈ったのは9世紀のローマ教皇であるといわれており、それ以降、結婚の証として指輪を贈り、そして身につける習慣が広まっていった様です。

11世紀ころには、男性は花嫁になる女性に金の指輪を、女性は花婿になる男性に鉄の指輪を贈っていたそうです。

9世紀から愛の証として贈られていたと知るとなんだかロマンチックですし、より意味のあるもののように感じられます。

最近は結婚指輪をつけない夫婦も増えているそうですが、やはり素敵なデザインの指輪を吟味して永遠の愛の証として購入したいという方も多いことでしょう。

▼おすすめのお店はコチラ・・・婚約指輪・結婚指輪の銀座ダイヤモンドシライシ