一生に一度の大切な結婚指輪なのですが、実際に購入して失敗してしまったというケースも少なくありません。

慎重に結婚指輪を選んだはずなのに、結果失敗だったなんてこともある様です。

失敗と感じたカップルはどんな失敗をしてしまったのでしょうか?

まず、よくあるのがお店にいって、店員さん割と強引に勧められるままに買ってしまったというパターンです。

まだ、他のお店も回って見たいのに言い出せなかった、実際に他のお店でもっと気にいったデザインのものを見つけたけどキャンセルできなくて我慢したというカップルは多いようです。

お店の雰囲気に飲み込まれたり、匠な営業トークに押されてしまうということはよくありますが、注文してしまったら最後、最終的なジャッジは自分たちで決める様にしましょう。

その場ですぐに決めないという気持ちでいることが大切です。

また、見た目で判断して試着をせずに購入したら、実際に自分の手にはあまり合わなかった、違和感があったなどという失敗です。

指輪というのは、デザインが素敵だなと思っても、つけてみると思うより良くなかったということはよくあることです。

必ず試着して選ぶことをお勧めします。

その他、店員さんに勧められて傷がつきにくいという素材を選んだけれど、特別そういうことはなく、費用がかかってしまったなど。

実際に店員全てが正しい情報を知っているとは限らないので、事前にある程度の情報と知識は調べておくといいでしょう。

※お役立ち記事…>>両手で実験して分かった! 薬指に結婚指輪をはめるロマンチックな理由とは? | Pouch[ポーチ]